ウッドデッキのバルコニーにするだけで毎日の生活が豊かになる

バルコニーに取り付けたウッドデッキ

ウッドデッキを置けばバルコニーをリビングの延長として使える

木材に穴をあける

そのままでは味気ないバルコニーをリゾートホテルのバルコニーのようなナチュラルでゴージャスな空間に出来るとしたら、多くの方が興味を惹かれるでしょう。しかもそれが手軽に低価格でできるとしたら、やらない手はありません。その方法というのが、バルコニーにウッドデッキを設置するという方法になります。
ウッドデッキ自体は知っている方も多いでしょうが、一般的に知られているのは庭先に設置されているタイプです。基本的には同じものですが、バルコニーに設置されるものについてはメンテナンスが少なく、丈夫で重量が軽い事が重視されるので、人工木材と呼ばれる樹脂製の物がデッキ材として使用されます。また土台部分も通常は木材を組み合わせて作成しますが、バルコニー用については軽量で強度も高い金属パーツである事が多いです。
一般的にホームセンターなどで購入出来るウッドパネルと違って、ウッドデッキは土台にしっかりと固定するのでがたつきがなく、高級感のある仕上がりになります。耐久性が高いので重量のある物も載せられるのでソファーやテーブルなど家具類を設置することも出来ますし、滑らかで暖かみのある素材なので裸足のままで利用できて、リビングの延長線としての活用が可能になります。専門業者へ依頼して施工してもらえば長持ちしますし、特別な手入れは必要ないので扱いも簡単ですので、是非気になる方は専門業者へ相談してみて下さい。

TOP